親鸞

末木文美士 著

親鸞(一一七三〜一二六二)浄土真宗の開祖。法然の専修念仏に帰依し、弾圧に抗して、独自の信仰と思想を展開させた、日本で最も親しまれている仏教者。本書では通説を批判しながら、『教行信証』などに見える思想とその人物像を新しい目で解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 親鸞と鎌倉仏教
  • 第2章 若き親鸞
  • 第3章 思想の成熟
  • 第4章 晩年の親鸞
  • 第5章 伝承と物語の形成
  • 終章 親鸞をどう読み直すか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親鸞
著作者等 末木 文美士
書名ヨミ シンラン : シュジョウ シンカ ホウ ニ ソムク
書名別名 主上臣下、法に背く

Shinran
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.3
ページ数 311,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07581-2
NCID BB20873037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22707847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想