昭和史の軍人たち

秦郁彦 著

連合艦隊司令長官、特攻や中野学校の生みの親、異端児、変人、改革者そして宰相経験者…。昭和二十年の終戦まで、日本陸海軍は彼らによって支えられてきた。二十六人の人間像をつぶさに検証することで、昭和という時代が多角的に浮かび上がる。巻末に「昭和将帥論」を附す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山本五十六-昭和海軍の大スター
  • 阿南惟幾-順逆の接点に立って
  • 永野修身-戦略なき主戦派
  • 東条英機-戦時下のカミソリ宰相
  • 神重徳-最後の大艦巨砲主義者
  • 片倉衷-満州国の王様
  • 井上成美-海軍左派の合理主義者
  • 田中隆吉-陸軍随一の怪物
  • 黒島亀人-山本元帥に愛された変人参謀
  • 長勇-昭和維新の侠客〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和史の軍人たち
著作者等 秦 郁彦
書名ヨミ ショウワシ ノ グンジンタチ
書名別名 Showashi no gunjintachi
シリーズ名 歴史 17
文春学藝ライブラリー 17
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.2
ページ数 547p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-813049-6
NCID BB21390469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22695411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想