重慶大爆撃の研究

潘洵 著 ; 徐勇, 波多野澄雄 監修 ; 柳英武 訳

日本軍が行った大規模無差別戦略爆撃。その事実は忘れられ、東京裁判では訴追を免れたが、豊富な史料と綿密な分析とは被害と加害の動かぬ証拠を突きつける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本軍の重慶爆撃の原因(戦争初期の日本軍の戦略爆撃
  • 重慶の戦時首都としての地位の確立)
  • 第2章 日本軍の重慶爆撃の戦略と戦術(日本軍の重慶爆撃の戦略
  • 日本軍の重慶爆撃戦略の変化
  • 日本軍の重慶爆撃の主な戦術)
  • 第3章 日本軍機の重慶爆撃の過程と特徴(1938年の実験爆撃
  • 1939年の爆撃及びその特徴
  • 「101号作戦」爆撃及びその特徴
  • 「102号作戦」爆撃及びその特徴
  • 太平洋戦争勃発後の零細爆撃)
  • 第4章 重慶爆撃の死傷者数と財産損失(日本軍の爆撃による死傷者数
  • 重慶大爆撃の財産損失)
  • 第5章 重慶大爆撃の国際、国内的影響(重慶大爆撃の歴史的地位
  • 重慶の都市、社会変遷に対する影響
  • 重慶市民の社会心理に対する影響
  • 中国の抗日戦争における影響と役割
  • 中国の国際イメージと極東各国の軍事戦略の影響を与えた)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重慶大爆撃の研究
著作者等 徐 勇
柳 英武
波多野 澄雄
潘 洵
書名ヨミ ジュウケイ ダイバクゲキ ノ ケンキュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.2
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-061105-3
NCID BB20815074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22724656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想