相給村落からみた近世社会

渡辺尚志 編

[目次]

  • 序章
  • 第1章 台方村の村運営-入地、知行所「組」、知行所「入地組」の分析から
  • 第2章 台方村の小集落と知行所-村運営における入地の位置をめぐって
  • 第3章 近世後期東上総における在払米の形成と流通
  • 第4章 備荒貯蓄にみる百姓・領主関係-「積石一件」を事例として
  • 付章 地域における「明治維新」の記憶と記録-真忠組騒動を事例として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相給村落からみた近世社会
著作者等 渡辺 尚志
書名ヨミ アイキュウ ソンラク カラ ミタ キンセイ シャカイ : カズサノクニ ヤマベグン ダイカタムラ ノ ソウゴウ ケンキュウ
書名別名 上総国山辺郡台方村の総合研究

Aikyu sonraku kara mita kinsei shakai
出版元 岩田書院
刊行年月 2016.2
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86602-944-3
NCID BB2082088X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22700329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想