接触造形論

稲賀繁美 著

「触れる」ことで作品は紡がれ、「接触」によって思想や文化が「写り/移り」を遂げる。彫刻・陶藝などの立体作品から、建築や翻訳の領域まで、異質なるものが触れあう時に何が生まれるのか。感覚と藝術、その臨界へ-

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 遠近の彼岸-華厳的パラダイムの可能性(華厳経と現代美術-相互照射の試み
  • 陶藝と彫刻とのあいだ-八木一夫と造形藝術
  • 彫刻から世界の織物へ-エル・アナツイと布地
  • 異界接触論-「作品」とその外部との界面を探る
  • 時の揺籃、魂のうつろい)
  • 第2部 記憶の器-「うつわ」と「うつろい」(「うつわ」と「うつし」
  • 奈落と渦巻-翻訳の運命について
  • 形の生命とその継承-伊勢神宮の遷宮をめぐって
  • 胎児における風土性-三木成夫再読
  • 遺伝子情報の繭に包まれた蛹はどんな夢を見るか?-工藤哲巳と「不能哲学」)
  • 第3部 触知の復権-肌触りを研ぎ澄ます(触知的造形の思想(史)的反省にむけて
  • 物質性よりたちのぼる精神の様相
  • 蘇生する化石、跳梁する魂
  • 近代造形と素材の魂-石井鶴三の「木取り」と「形のデッサン」
  • 工藝の将来あるいは「ものづくり」再考-テクノ・アルスTechno‐Arsにむけて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 接触造形論
著作者等 稲賀 繁美
書名ヨミ セッショク ゾウケイロン : フレアウ タマシイ ツムガレル カタチ
書名別名 In Search of the Haptic Plasticity

In Search of the Haptic Plasticity : 触れあう魂、紡がれる形

Sesshoku zokeiron
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2016.2
ページ数 353,121p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0831-0
NCID BB20800929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22732063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想