ヤクザと芸能界とマスコミ黒い人脈の正体

伊藤博敏, 夏原武, 鈴木智彦, 鈴木大介 ほか 著

獄中「七代目」継承計画、稲川会にも「分裂騒動」、球界と暴力団の"蜜月"、東京"ヤクザ"五輪、「SMAP」独立騒動の闇、芸能界「創価学会」人脈、小池栄子・夫の金銭醜聞、テレビ局の「有名人子息」、「イチエフ」作業員の告白、福島で「胎児死亡」増加、安倍政権と「日本会議」、協栄ジム「創価学会洗脳」、みずほ銀「100億円詐欺」他では読めない爆弾記事21本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 暴力団のタブー
  • 第2章 芸能界とマスコミのタブー
  • 第3章 原発のタブー
  • 第4章 政治と宗教のタブー
  • 第5章 貧困と性のタブー
  • 第6章 闇社会のタブー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヤクザと芸能界とマスコミ黒い人脈の正体
著作者等 伊藤 博敏
夏原 武
鈴木 智彦
鈴木 大介
書名ヨミ ヤクザ ト ゲイノウカイ ト マスコミ クロイ ジンミャク ノ ショウタイ : ヘイセイ ニホン タブー タイゼン ニセンジュウロク
書名別名 平成日本タブー大全2016

Yakuza to geinokai to masukomi kuroi jinmyaku no shotai
出版元 宝島社
刊行年月 2016.3
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8002-5240-1
全国書誌番号
22709402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想