文芸学講義

小田切秀雄 著

文学作品はどのように書かれてきたか-紫式部から村上春樹まで、豊富な例を挙げながら、鑑賞的・実践的に迫る小説論。創作の核心をつかむ、画期的な文学理論!書くこと・読むことの解析と探求。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 創作過程はどこまで分析できるか?
  • 創作のいとぐち、体験、実感
  • 作品制作の前段階
  • 制作に着手、モチーフのこと-書きだしのむつかしさ。インスピレーションやデーモンのことも
  • 文学の素材、題材
  • 想像力のはたらき
  • 意図と主題
  • 構想・構成・筋・フィクション
  • 表現・描写
  • 技法・手法
  • スタイル・文体
  • 典型とは?典型の創造とは?
  • 個性の独創-制作の基本のこと
  • 描写や表現と、思考・思想-作品を書くにあたって、観念や思想は邪魔か、生かされるのか
  • 詩法、ドラマトゥルギー、シナリオの制作

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文芸学講義
著作者等 小田切 秀雄
書名ヨミ ブンゲイガク コウギ : ブンガク サクヒン ガ カカレル マデ
書名別名 文学作品が書かれるまで

Bungeigaku kogi
出版元 菁柿堂 : 星雲社
刊行年月 2016.1
ページ数 204p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-434-21633-6
NCID BB21042360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22691738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想