バーリンロマン主義講義

アイザイア・バーリン 著 ; ヘンリー・ハーディ 編 ; 田中治男 訳

「私は今、どれだけ向こう見ずに思われようと、私にとってロマン主義の核心であると思われるものについて、語っておきたい」-稀代の碩学であるバーリンの、生前に遺した講義の全貌が甦る。ロマン主義革命がわれわれに遺した偉大なる達成とは何か。その諸相が鮮やかに浮かび上がるA・W・メロン講義(一九六五年)の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 定義を求めて
  • 第2章 啓蒙への最初の攻撃
  • 第3章 ロマン主義の真の父祖たち
  • 第4章 抑制されたロマン派
  • 第5章 手綱を解かれたロマン主義
  • 第6章 存続する影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バーリンロマン主義講義
著作者等 Berlin, Isaiah
Berlin, Isaiah, Sir
Hardy, Henry
田中 治男
バーリン アイザイア
書名ヨミ バーリン ロマン シュギ コウギ
書名別名 The roots of romanticism
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.12
ページ数 249, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4000029789
NCID BA49953378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想