乱舞の中世

沖本幸子 著

庶民のみならず貴族や寺院社会を席巻した、白拍子・乱拍子というリズム。滅びてしまった芸能を復元し、いまに伝わる能楽にどのように包含されているのかを考察。人々が身体表現の楽しさを知り、舞い始めた時代を描く。知られざる能楽前史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 乱れる中世-プロローグ
  • 乱舞の時代の幕開け(猿楽の熱狂-平安後期の芸能界
  • 乱舞の時代へ)
  • 白拍子の世界(白拍子という芸能
  • 貴族の白拍子
  • 白拍子舞の担い手と芸態)
  • 乱拍子の世界(乱拍子という芸能
  • 貴族の乱拍子
  • 僧侶の乱拍子
  • 稚児の乱拍子)
  • "翁"と白拍子・乱拍子(数える翁たち
  • 千歳・三番叟と乱拍子
  • 父尉と白拍子・乱拍子)
  • 能と白拍子・乱拍子(能の身体
  • 乱拍子と能
  • 白拍子舞と能)
  • 乱舞の身体-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乱舞の中世
著作者等 沖本 幸子
書名ヨミ ランブ ノ チュウセイ : シラビョウシ ランビョウシ サルガク
書名別名 白拍子・乱拍子・猿楽

Ranbu no chusei
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 420
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.3
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05820-9
NCID BB20702420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22715125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想