浄福なる生への導き

J.G.フィヒテ 著 ; 高橋亘 訳 ; 堀井泰明 補訳

哲学はいかにして宗教に出会うか。フィヒテ哲学の頂点にして最も輝かしい光点、ドイツ観念論の無二の記録、人類が持ちえた最も深遠な著作と称えられる古典の改訳決定版。意識の徹底的な分析のみを支えとして、至福の生への道程を指し示す、万人に開かれた宗教論の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浄福なる生への導き
著作者等 Fichte, Johann Gottlieb
堀井 泰明
高橋 亘
フィヒテ ヨーハン・ゴットリープ
書名ヨミ ジョウフクナル セイ エノ ミチビキ
書名別名 浄福なる生への指教

Die Anweisung zum seligen Leben oder auch die Religionslehre
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2000.11
ページ数 330p
大きさ 16cm
ISBN 4582763693
NCID BA49209002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20119341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想