プラトンの呪縛 : 二十世紀の哲学と政治

佐々木毅 著

第一次世界大戦後に訪れた民主主義の危機のなかで「精神の国の王」として甦り、さらにはナチズムにも利用された西欧思想の定立者・プラトン。彼は理想国家の提唱者なのか、全体主義の擁護者なのか。プラトンをめぐる激しい論戦を通して二十世紀の哲学と政治思想の潮流を検証し、現代に警鐘を鳴らす注目作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「プラトンはファシストだった!?」
  • 第1部 プラトンの政治的解釈(プラトンと社会改良主義
  • プラトン像の転換
  • 「精神の国の王」
  • ナチス体制下でのプラトン)
  • 第2部 プラトン批判の砲列(反近代的な反動的思想家
  • 民主主義の恐るべき批判者
  • 「閉じた社会」のイデオローグ)
  • 第3部 プラトン論争の波紋-二十世紀後半の「哲学と政治」(近代思想の病理論
  • プラトンからアリストテレスへ
  • 政治学の「科学化」と多元主義
  • 警告者としてのプラトン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトンの呪縛 : 二十世紀の哲学と政治
著作者等 佐々木 毅
書名ヨミ プラトン ノ ジュバク : ニジッセイキ ノ テツガク ト セイジ
書名別名 Puraton no jubaku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.12
ページ数 377p
大きさ 15cm
ISBN 4061594656
NCID BA49525512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20119323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想