キーツ詩集

田村英之助 訳編

[目次]

  • 詩集(抄)一八一七年
  • ソネット
  • 献詩「リー・ハント氏に捧げる」(一八一七作) / 10
  • III 「リー・ハント氏が牢獄を出た日に」(一八一五作) / 11
  • IV (何とおおくの詩人が)(以下一八一六作) / 12
  • VII (おお孤独よ!) / 13
  • IX (吹いては止む身を切るような風) / 14
  • X (ながく都市に) / 15
  • XI 「はじめてチャップマン訳のホメロスを読んで」 / 17
  • XV 「きりぎりすとこおろぎ」 / 18
  • 小高い丘に立った / 19
  • 詩集(抄)一八二〇年
  • 酒楼『人魚亭』の詩(以下一八一八作) / 35
  • ロビン・フッド / 37
  • 空想 / 41
  • オード / 47
  • サイキによせるオード(以下一八一九作) / 50
  • ギリシャの壺のオード / 54
  • 夜啼鶯によせるオード / 58
  • 憂愁についてのオード / 65
  • 秋によせて / 67
  • 遺稿詩集(抄)
  • バイロンによせるソネット(一八一四作) / 70
  • チャタートンによせるソネット(一八一五作) / 71
  • 詩神によせるオード(一八一五作) / 72
  • ソネット(以下一八一七作)
  • (暗い霧が野原を) / 75
  • (この愉しい物語は) / 77
  • 「リアンダーの絵について」 / 78
  • 「海について」 / 79
  • 「リー・ハントの詩『リミニの物語』について」 / 80
  • 詩章(暗うつな夜の十二月) / 81
  • 白日夢想者(以下一八一八作) / 83
  • 反対物の歌 / 86
  • ソネット
  • 「『リア王』を読み返すために坐ったとき」 / 89
  • (私のペンが) / 90
  • 「ナイル河によせて」 / 91
  • 「スペンサーによせるソネット」 / 92
  • 「かつてヴォクスホールでひと時会った女性に」 / 93
  • 「つぐみが云ったこと」 / 94
  • 「人間の四季」 / 95
  • 「ホメロスに」 / 96
  • 「エイルサの絶壁によせる」 / 97
  • ジョン・ハミルトン・レイノルズ宛の書簡詩 / 99
  • メイアによせるオードの断片 / 106
  • 聖マルコ祭前夜(以下一八一九作) / 107
  • 怠惰についてのオード / 114
  • ソネット
  • (私は今夜なぜ笑ったのか?) / 119
  • 「ダンテ『神曲』のパウロとフランチェスカの挿話を読んだあとの夢」 / 120
  • 「睡りによせる」 / 121
  • (輝く星よ) / 122
  • 「名声についてI」 / 124
  • 「名声についてII」 / 125
  • 「ソネットについて」 / 126
  • (あの日は去った) / 127
  • つれない美女 / 128
  • ファニーによせるオード / 133
  • ファニーによせる詩 / 138
  • ファニーによせるソネット / 142
  • 〔ファニー・ブロンに宛てられたと考えられる詩〕 / 143
  • キーツの「森の歴史家」脚注のない歴史-「ギリシャの壺のオード」の分析-(クレアンス・ブルックス) / 145
  • キーツ-断絶と凝視の詩学(田村英之助) / 171
  • 年譜 / 196

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 キーツ詩集
著作者等 Keats, John
田村 英之助
書名ヨミ キーツ シシュウ
書名別名 Kitsu shishu
シリーズ名 思潮社古典選書 ; 7
出版元 思潮社
刊行年月 1968
ページ数 199p 図版
大きさ 19cm
NCID BN12921729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68014110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想