職業としての学問

マックス・ヴェーバー 著 ; 野﨑敏郎 訳・注解

初版復元版『職業としての学問』(I・ビルンバウムの「あとがき」つき)。著名な講演録の全容をくまなく解読・解明した新訳。既刊『ヴェーバー『職業としての学問』の研究(完全版)』中の訳文に、同書中の注解等を圧縮して付し、学修版とする。巻末に「日本語で読むことのできる参考文献」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 職業としての学問
  • 訳者解説 大学人ヴェーバーの思想と闘争
  • 付 日本語で読むことのできる参考文献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 職業としての学問
著作者等 Weber, Max
野崎 敏郎
ヴェーバー マックス
書名ヨミ ショクギョウ ト シテ ノ ガクモン : アッシュクバン
書名別名 Wissenschaft als Beruf

圧縮版
出版元 晃洋書房
刊行年月 2016.2
ページ数 185,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2673-5
NCID BB20889117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22774279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想