新編越後三面山人(やまんど)記

田口洋美 著

朝日連峰山中、新潟県・三面川(みおもてがわ)中流域の深い谷間にあった三面集落。いまはダム湖の底に沈んでしまった山里の狩猟文化・山村習俗を、四季折々の山の民の暮らしを追うかたちで詳細に取材・記録した、ルポルタージュの傑作。現在、日本の狩猟文化研究の第一人者として知られる著者が、一九九二年に上梓してロングセラーとなっていた、若き日の意欲作を文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 狩りの日の出来事
  • 第2章 降りしきる雪の中で-冬
  • 第3章 山の鼓動とともに-春
  • 第4章 むせるような緑に抱かれて-夏
  • 第5章 時雨れる雲の下で-秋
  • 第6章 山人の自然学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編越後三面山人(やまんど)記
著作者等 田口 洋美
書名ヨミ シンペン エチゴ ミオモテ ヤマンドキ : マタギ ノ シゼンカン ニ ナラウ
書名別名 新編越後三面山人記

マタギの自然観に習う

Shinpen echigo miomote yamandoki
シリーズ名 ヤマケイ文庫
出版元 山と渓谷社
刊行年月 2016.3
ページ数 381p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-635-04790-6
NCID BB20924874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22695415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想