学校における自殺予防教育のすすめ方

窪田由紀 編 ; 窪田由紀, シャルマ直美, 長﨑明子, 田口寛子 著

深刻化する若年層の自殺。仲間や恋人に「死ぬこと」を仄めかされたらどうしたらいいのか?自殺をとどめるには、この最初の表現を聞いたものが「ゲートキーパー」となる必要があります。いのちの大切さを声高に叫ぶだけではなく、聴く技術、つなぐことなど、人と人のきずなで自殺を予防しよう-そんな授業が北九州市では実践されています。その自殺予防教育を実践してきた4人の心理臨床家による手引き。明日からでも授業ができる資料集も付録満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編(子どもを直接対象とした自殺予防教育の必要性
  • 今なぜ、学校における自殺予防か-学校で自殺予防教育を行う必要性と必然性
  • 児童生徒を対象とした自殺予防教育の実際-国内外の先行研究から
  • 学校における自殺予防教育の進め方)
  • 第2部 実践編-学校における自殺予防教育の進め方:北九州市の実践から(学校現場に自殺予防教育を導入するために-自殺予防教育の導入課程
  • 学校における合意形成
  • 授業プログラムの実際)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校における自殺予防教育のすすめ方
著作者等 Sharma, Naomi
窪田 由紀
長﨑 明子
シャルマ 直子
田口 寛子
長崎 明子
シャルマ 直美
書名ヨミ ガッコウ ニ オケル ジサツ ヨボウ キョウイク ノ ススメカタ : ダレニデモ ココロ ガ クルシイ トキ ガ アル カラ
書名別名 だれにでもこころが苦しいときがあるから
出版元 遠見書房
刊行年月 2016.2
ページ数 170p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-904536-96-4
NCID BB20598442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22707496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想