ニュートリノって何?

青野由利 著

ニュートリノに質量がある!の何がそんなに事件なの?ニュートリノの解明が宇宙や人類の成り立ちの研究にもたらすものとは?世界一わかりやすい宇宙の本『宇宙はこう考えられている』続編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ニュートリノの歴史(エネルギーが消えた?
  • エネルギーを持ち逃げする粒子 ほか)
  • 第2章 太陽ニュートリノの謎を解く(40年ごしの論争
  • 太陽はなぜ輝くのか ほか)
  • 第3章 カミオカンデと超新星(400年ぶりの超新星爆発
  • 踊る小柴さん ほか)
  • 第4章 大気ニュートリノ振動の発見(大気ニュートリノが足りない
  • 宇宙線の発見 ほか)
  • 第5章 標準理論を超えて(なぜこの世に反物質がないか
  • クォークでは足りない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニュートリノって何?
著作者等 青野 由利
書名ヨミ ニュートリノ ッテ ナニ : ウチュウ ワ コウ カンガエラレテ イル
書名別名 宇宙はこう考えられている 続
シリーズ名 ちくまプリマー新書 250
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.2
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68954-2
NCID BB20689865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22711516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想