やがて海へと届く

彩瀬まる 著

すみれが消息を絶ったあの日から三年。真奈の働くホテルのダイニングバーに現れた、親友のかつての恋人、遠野敦。彼はすみれと住んでいた部屋を引き払い、彼女の荷物を処分しようと思う、と言い出す。地震の前日、すみれは遠野くんに「最近忙しかったから、ちょっと息抜きに出かけてくるね」と伝えたらしい。そして、そのまま行方がわからなくなった-親友を亡き人として扱う遠野を許せず反発する真奈は、どれだけ時が経っても自分だけは暗い死の淵を彷徨う彼女と繋がっていたいと、悼み悲しみ続けるが-。死者の不在を祈るように埋めていく、喪失と再生の物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やがて海へと届く
著作者等 彩瀬 まる
書名ヨミ ヤガテ ウミ エト トドク
出版元 講談社
刊行年月 2016.2
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-219925-4
NCID BB20968836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22688144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想