ひとびとの精神史  第6巻

杉田 敦【編】

誰のための"公共"なのか。繁栄の陰で積み上がる代償-新しい生き方の模索がはじまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 一九七〇年代-「公共性」の神話
  • 1 列島改造と抵抗(田中角栄-列島改造と戦後日本政治
  • 小泉よね-三里塚の一本杉
  • 宮崎省吾-住民自治としての「地域エゴイズム」
  • 宇梶静江-関東アイヌの呼びかけ)
  • 2 管理社会化とその底流(吉本隆明と藤田省三-「大衆の原像」の起源と行方
  • 岩根邦雄-「おおぜいの私」による社会運動
  • 小野木祥之-仕事のありかたを問う労働組合運動の模索)
  • 3 アジアとの摩擦と連帯(小野田寛郎と横井庄一-豊かな社会に出現した日本兵
  • 金芝河と日韓連帯運動を担ったひとびと
  • 金順烈-アジアの女性たちを結ぶ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとびとの精神史
著作者等 早野 透
杉田 敦
書名ヨミ ヒトビト ノ セイシンシ
書名別名 日本列島改造 : 1970年代
巻冊次 第6巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.1
ページ数 298,2p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028806-4
NCID BB20489061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22690634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
一九七〇年代 杉田敦
吉本隆明と藤田省三 白井聡
宇梶静江 アン-エリス・ルアレン, 中村歩
宮崎省吾 道場親信
小泉よね 小泉英政
小野木祥之 熊沢誠
小野田寛郎と横井庄一 林英一
岩根邦雄 中村陽一
日本列島改造 : 1970年代 杉田敦
田中角栄 早野透
金芝河と日韓連帯運動を担ったひとびと 石坂浩一
金順烈 テッサ・モーリス-スズキ, 伊藤茂
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想