音韻史

高山倫明, 木部暢子, 松森晶子, 早田輝洋, 前田広幸 著

日本語・外国語で書かれた文献資料のみならず、方言や伝統芸能・口承文芸など、あらゆる手がかりを駆使して、言語音の時間的変化とそのメカニズムを解明する音韻史研究。音声学・音韻論と文献学の基礎から説き起こし、音韻史・アクセント史の研究成果を紹介すると同時に、言語類型論・生成音韻論・最適性理論による接近法を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 音声学と音韻論
  • 第2章 文献学
  • 第3章 音韻史
  • 第4章 アクセント史
  • 第5章 比較方法・言語類型論による接近法
  • 第6章 生成音韻論による接近法
  • 第7章 最適性理論・他の理論による接近法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音韻史
著作者等 前田 広幸
早田 輝洋
木部 暢子
松森 晶子
金水 敏
高山 倫明
書名ヨミ オンインシ
シリーズ名 シリーズ日本語史 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.1
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-028127-0
NCID BB20507061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22708178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想