浅草公園凌雲閣十二階

佐藤健二 著

明治・大正時代の東京スカイツリー「浅草十二階」と、盛り場に集う有名無名の群衆。パノラマ的視界を現出させた、当時のめざましい高層建築、日本初のエレベーター、初めての美人コンテスト、そして関東大震災による倒壊。話題に欠かない凌雲閣十二階の消長が、日本近代の諸相、人々の好奇心や欲望を鮮やかに照らし出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 塔の視覚と想像力-浅草公園・十二階凌雲閣(思い出となればなつかし-凌雲閣を見上げつつ
  • 「エレベートル」を以て縦覧人を昇降し-高みからの見物
  • 昔見し凌雲閣の百美人-写真による比較と選別
  • 垂直に立ち上がった煉瓦街-勧工場という商品空間
  • 十二階は始末におえなくて-高塔の黄昏
  • どこの魔法使いが建てましたものか-俯瞰と仰望と望遠鏡
  • 空間の想像/都市の表象-虚焦点としての十二階)
  • 第2章 民間学者としての喜多川周之(ある郷土史家の死
  • 十二階崩壊以前-大震災までの少年の日に
  • 十二階崩壊以後-石版画工としての修業から
  • 方法としての地図-資料の空間の見取り図
  • 民間学の視点から)
  • 第3章 「十二階凌雲閣」問わず語り(浅草寺奥山における「公園」の誕生
  • 浅草公園の「新開地」六区の開発
  • 凌雲閣が建てられる-登高遊覧施設の系譜
  • 凌雲閣の建設-基礎をつくり煉瓦を積み上げる
  • エレベーターと美人写真投票と自殺者
  • 関東大震災と十二階凌雲閣)
  • 第4章 十二階凌雲閣の記憶と記録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浅草公園凌雲閣十二階
著作者等 佐藤 健二
書名ヨミ アサクサ コウエン リョウウンカク ジュウニカイ : ウシナワレタ タカサ ノ レキシ シャカイガク
書名別名 失われた〈高さ〉の歴史社会学

Asakusa koen ryounkaku junikai
出版元 弘文堂
刊行年月 2016.2
ページ数 415p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-55174-1
NCID BB20591352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22707701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想