力への意志

眞田収一郎 著

ニーチェの思考はコギトではなく、肉体の思考である。カントの超越論的な自我に代わって、ニーチェは肉体の自我を主張する。肉体の思考、その奥処にあるのは「力への意志」-それは「超人」「永劫回帰」と並ぶニーチェの中心概念。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ニーチェの肉体一元論
  • 第2章 「大いなる理性としての肉体」と「力への意志」
  • 第3章 「力の感情」
  • 第4章 高貴な人間
  • 第5章 カント「超越論的自我」とニーチェ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 力への意志
著作者等 眞田 収一郎
書名ヨミ チカラ エノ イシ : ニーチェ ニクタイロン
書名別名 ニーチェ肉体論

Chikara eno ishi
出版元 風濤社
刊行年月 2016.2
ページ数 171p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89219-408-5
NCID BB20751404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22703265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想