頚肩腕痛

米山榮 他著

本書は一般の医学書とは異なり、現代医学的診断と治療、鍼灸治療、リハビリテーション的手法、関節運動学的手法等が広範囲に取り上げてある。診断編においては、臨床家が日常で用いることのできる有効な身体所見の取り方に詳しい。また、頚肩腕痛に関する現代医学的検査方法の解説については、日常臨床の常識として役立つものである。治療編に関してはさまざまな方面からの臨床家の頚肩腕痛の豊かな経験や考え方が随所にみられ参考になる。治療技術というものは言葉による表現が難しく、その奥義が伝わりにくい。しかし、自らの経験が蓄積してくるとわかってくるものである。必ずや、勉強中の学生諸氏の頚肩腕痛の理解、そして頚肩腕痛に取り組む臨床家の一助に成りうるに違いない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現代医学によるアプローチ(頚肩腕痛の現代医学的アプローチ-診断、治療そして鍼灸治療の可能性
  • 開業鍼灸師はいかに頚肩腕痛の病態を把握すべきか)
  • 第2部 鍼灸によるアプローチ(現代医学に基づく頚肩腕痛治療
  • 長野式による頚肩腕痛治療 ほか)
  • 第3部 頚肩腕痛に効くこの一穴(頚肩腕痛に効く頚椎椎間外側点(椎外点) ほか)
  • 第4部 手技療法によるアプローチ(カイロプラクティックによる頚肩腕痛治療
  • マイオセラピーによる頚肩腕痛治療 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頚肩腕痛
著作者等 米山 榮
米山 栄
書名ヨミ ケイケンワンツウ
書名別名 Keikenwantsu
シリーズ名 疾患別治療大百科シリーズ 3
出版元 医道の日本社
刊行年月 2000.12
ページ数 257p
大きさ 26cm
ISBN 4752910861
NCID BA51394789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20143387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想