シャルリとは誰か?

エマニュエル・トッド 著 ; 堀茂樹 訳

二〇一五年一月の『シャルリ・エブド』襲撃事件を受けてフランス各地で行われた「私はシャルリ」デモ。「表現の自由」を掲げたこのデモは、実は自己欺瞞的で無自覚に排外主義的であった。宗教の衰退と格差拡大によって高まる排外主義がヨーロッパを内側から破壊しつつあることに警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宗教的危機
  • 第2章 シャルリ
  • 第3章 逆境に置かれた平等
  • 第4章 極右のフランス人たち
  • 第5章 イスラム教のフランス人たち
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シャルリとは誰か?
著作者等 Todd, Emmanuel
堀 茂樹
トッド エマニュエル
書名ヨミ シャルリ トワ ダレカ : ジンシュ サベツ ト ボツラク スル セイオウ
書名別名 QUI EST CHARLIE?

人種差別と没落する西欧

Sharuri towa dareka
シリーズ名 文春新書 1054
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.1
ページ数 307p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-661054-9
NCID BB20448417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22695478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想