キリスト教と戦争

石川明人 著

世界最大の宗教、キリスト教の信者は、なぜ「愛と平和」を祈りつつ「戦争」ができるのか?殺人や暴力は禁止されているのではなかったか?本書では、聖書の記述や、アウグスティヌス、ルターなど著名な神学者たちの言葉を紹介しながら、キリスト教徒がどのように武力行使を正当化するのかについて見ていく。平和を祈る宗教と戦争との奇妙な関係は、人間が普遍的に抱える痛切な矛盾を私たちに突きつけるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 キリスト教徒が抱える葛藤と矛盾
  • 第1章 ローマ・カトリック教会の説く「正当防衛」
  • 第2章 武装するプロテスタントたち
  • 第3章 聖書における「戦争」と「平和」
  • 第4章 初期キリスト教は平和主義だったのか
  • 第5章 戦争・軍事との密接な関係
  • 第6章 日本のキリスト教徒と戦争
  • 終章 愛と宗教戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教と戦争
著作者等 石川 明人
書名ヨミ キリストキョウ ト センソウ : アイ ト ヘイワ オ トキツツ タタカウ ロンリ
書名別名 「愛と平和」を説きつつ戦う論理

Kirisutokyo to senso
シリーズ名 中公新書 2360
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.1
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102360-5
NCID BB2043244X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22697949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想