新しい英詩の鑑賞

尾島庄太郎 著

[目次]

  • 目次
  • I. 英詩のよみかた
  • 1. 英詩の調べ / 1
  • 2. 韻律 / 2
  • 一歩格
  • 二歩格
  • 三歩格
  • 四歩格
  • 五歩格
  • 六歩格
  • 七歩格
  • 八歩格
  • 3. 詩の修辞 / 5
  • 直喩法
  • 隠喻法
  • 擬人法
  • 頓呼法
  • 現写法
  • 4. 日常語の修辞
  • 誇張法
  • 反復法
  • 頭韻法
  • 脚韻法
  • 5. 詩の種類 / 10
  • 忬情事
  • 叙事詩
  • 劇詩
  • II. 自然詩
  • 1. 「だれか」 デ・ラ・メア / 13
  • 2. 「冬」 コオルズ / 16
  • 3. 「冬の抒情詩」 アンタマイア / 18
  • 4. 「落葉」 イェイツ / 21
  • 5. 「秋」 コラム / 24
  • 6. 「石庭」(京都) ブランデン / 28
  • 7. 「まがも」 ウォーナー / 34
  • 8. 「狩をする『冬』」 オズバート・シトウェル / 38
  • III. 愛と夢の詩
  • 1. 「湖の小島へ」 イェイツ / 42
  • 2. 「詩人,恋人にあたう」 イェイツ / 46
  • 3. 「早朝」 デイヴィス / 49
  • 4. 「今や,咽喉いっぱいにふくらむ水仙花」デイ・ルイス / 52
  • 5. 「シナラ」 ダウスン / 58
  • 6. 「阿片喫む人」 シモンズ / 61
  • 7. 「レスビアに」 コールリッジ / 63
  • 8. 「恋の初の現われ」 コールリッジ / 66
  • 9. 「愛」 コールリッジ / 67
  • 10. 「二人がわかれたとき」 バイロン / 77
  • 11. 「もう遊びまわるのはよそう」 バイロン / 81
  • IV. おもいでの詩
  • 1. 「晴れた日」 マンスフィールド / 83
  • 2. 「早春」 マンスフィールド / 86
  • 3. 「花」 ブレイク / 90
  • 4. 「故郷をおもう-異国にありて」 ブラウニング / 92
  • 5. 「角笛の歌」 テニスン / 95
  • 6. 「ウェストミンスター橋上にて」 ワーズワース / 102
  • 7. 「水仙」 ワーズワース / 105
  • V. 生と死の詩
  • 1. 「学校はひけた」 デイヴィス / 109
  • 2. 「ぶらんこ」 スティヴンスン / 112
  • 3. 「農場にさよなら」 スティヴンスン / 114
  • 4. 「生命は短かく」 ダウスン / 117
  • 5. 「前奏曲」 エリオット / 119
  • 6. 「絶壁の上の家」 マクニース / 126
  • 7. 「アンナ・リヴィア・プルラベリより」 ジョイス / 129
  • 8. 「ギリシャ古瓶の賦」 キーツ / 135
  • 9. 「ドイツ学生のアルバムに」コールリッジ / 143
  • 10. 「おお,船長よ,わが船長よ」ウォルト・ホイットマン / 144
  • VI. 冥想詩
  • 1. 「老漁夫の冥想」 イェイツ / 148
  • 2. 「四つ葉のクローバー」 ヒギンスン
  • 3. 「憂愁」 ダウスン / 155
  • 4. 「飽満」 シモンズ / 157
  • 5. 「祖先達」 ブランデン / 159
  • 6. 「鉄塔」 スペンダー / 166
  • 7. 「青春と老年」 コールリッジ / 169
  • 8. 「空想」 キーツ / 174
  • 9. 「アナベル・リー」 エドガー・アラン・ポオ / 183
  • あとがき
  • ブランデン教授との再会・イェイツ未亡人の急逝 / 189
  • 参考書目
  • A. 日本文献 / 195
  • B. 海外文献 / 196

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新しい英詩の鑑賞
著作者等 尾島 庄太郎
書名ヨミ アタラシイ エイシ ノ カンショウ
書名別名 Atarashii eishi no kansho
出版元 北星堂書店
刊行年月 1968
版表示 改訂6版
ページ数 198p 図版
大きさ 19cm
NCID BA37360233
BN07073358
BN09398874
BN11669282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68014112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想