ある作曲家の生涯

カレル・チャペック 著 ; 田才益夫 訳

主人公フォルティーンは、若い頃から芸術家気取りの思い上がりで、ありもしない作曲をネタに若い女を口説いたり。名声を求め、ヒマと怠惰の生活から生じた妄想の超大作オペラの実現に、全身全霊を傾ける。剽窃・模倣はもちろん、ありとあらゆる手段を駆使して出来上がるものとは…。人間の魂の真実を究める、チャペック絶筆にして傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある作曲家の生涯
著作者等 Čapek, Karel
田才 益夫
〓apek Karel
チャペック カレル
書名ヨミ アル サッキョクカ ノ ショウガイ : カレル チャペック サイゴ ノ サクヒン
書名別名 Život a dílo skladatele Foltýna

カレル・チャペック最後の作品

Aru sakkyokuka no shogai
出版元 青土社
刊行年月 2016.1
ページ数 210p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6905-6
NCID BB20661378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22683959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チェコ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想