ユークリッドと彼の現代のライバルたち

ルイス・キャロル 著 ; 細井勉 訳・解説

ルイス・キャロルの幾何教育論を初めて全訳で紹介・詳解!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1幕(ユークリッドの教科書を使い続ける論理的な理由
  • 現代のライバルたちを審査する手続き ほか)
  • 第2幕(無限列を利用する方法による平行線の取り扱い:ルジャンドル
  • 横断線が作る角を使って平行線を扱うこと:クーリー ほか)
  • 第3幕(その他の現代のライバルたち
  • ショブネー ほか)
  • 第4幕(直線の対の扱い方
  • ユークリッドの作図 ほか)
  • 付録(トドハンターの論説
  • ド・モルガンの論説 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユークリッドと彼の現代のライバルたち
著作者等 Carroll, Lewis
細井 勉
キャロル ルイス
書名ヨミ ユークリッド ト カレ ノ ゲンダイ ノ ライバルタチ
書名別名 Euclid and His Modern Rivals
出版元 日本評論社
刊行年月 2016.1
ページ数 331p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-79803-8
NCID BB2055838X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22701124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想