脳・戦争・ナショナリズム

中野剛志, 中野信子, 適菜収 著

「ナショナリズムは危険なもの」「知性で殺し合いは回避できる」「人を見た目で判断してはいけない」…これらは近代の迷妄にすぎません。脳科学、社会科学、哲学の若手論客が人間の本質を鋭く突いた白熱の討論10時間!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 近代的人間観を捨てよ!
  • 第1章 ナショナリズム-なぜ快楽なのか
  • 第2章 国家と体制-なぜ自由は苦痛なのか
  • 第3章 ポピュリズム-なぜバカがはびこるのか
  • 第4章 暴力-なぜ人間は戦争をやめられないのか
  • おわりに 近代を超えられるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳・戦争・ナショナリズム
著作者等 中野 信子
中野 剛志
適菜 収
書名ヨミ ノウ センソウ ナショナリズム : キンダイテキ ニンゲンカン ノ チョウコク
書名別名 近代的人間観の超克

No senso nashonarizumu
シリーズ名 文春新書 1059
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.1
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-661059-4
NCID BB20463272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22696353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想