安楽の門

大川周明 著

人間はどうすれば安楽に暮らせるか。自伝的宗教論。大川周明はいかにして大川周明となり大川周明を生きたか。欧化時代から敗戦までの日本の精神史の縮図。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間は獄中でも安楽に暮らせる
  • 人間は精神病院でも安楽に暮らせる
  • 私は何うして安楽に暮らして来たか
  • 私は何うして大学の哲学科に入つたか
  • 私は大学時代に何を勉強したか
  • 押川方義先生と八代六郎大将
  • 印度人追放と頭山満翁
  • 東洋の道と南洲翁遺訓
  • 人間を人間たらしめる三つの感情
  • 克己・愛人・敬天
  • 既成宗教と『宗教』
  • 不可思議なる安楽の門

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安楽の門
著作者等 大川 周明
書名ヨミ アンラク ノ モン
出版元 書肆心水
刊行年月 2015.12
版表示 大活字愛蔵版
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-906917-49-5
NCID BB20625884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22689950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想