移ろう中東、変わる日本

酒井啓子 [著]

アラブの春から「イスラーム国」へ。アラブ社会と中東の人々が転落していくさまを、著者は見つづけてきた。そして内に目を向ければ、排外主義のはびこる日本がある。情勢はどこへ向かうのか。第一線の研究者が、世界の動揺と矛盾を鋭くえぐった時評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「アラブの春」と「ウォール街」と「3・11」をつなぐもの-東日本大震災から一年(2012.3)
  • 「私の名前を憶えてほしい」-イラク戦争開戦九周年(2012.5)
  • ヨーロッパという呪縛-ギリシャ財政破綻とEU(2012.7)
  • 「宗派は放っておけ」と元大臣は言った-地域研究ができること(2012.9)
  • 土地を守ること、人を守ること-領域国家を相対化する(2012.11)
  • マリ‐リビア‐アルジェリア‐アフガニスタン-終わらない「対テロ戦争」(2013.3)
  • 十年ののち-アルジェリア人質事件(2013.5)
  • 砂漠で待つバラと、片思いの行方-日本の対中東外交の変遷(2013.7)
  • アラブ知識人の自負と闇-エジプト、ムルスィー政権転覆(2013.9)
  • 「逃げろ、でなければ声をあげろ」-国境の理不尽を越える試み(2013.11)
  • 「内なる敵」を炙りだす-宗派対立と中東化する日本(2014.3)
  • アメリカ、この厄介な同盟相手-反米と対米依存と民族の尊厳(2014.7)
  • 人々の度し難い怒りと、理想の国を作るということ-「イスラーム国」の登場(2014.9)
  • 私の「正義」とあなたの「正義」を入れ替える-プロパガンダの死角(2014.12)
  • 政府は「ベタおり」し続けなければならない-仏シャルリー・エブド襲撃事件(2015.3)
  • 悲しいことたち-人質殺害事件に見る日本の病理(2015.4)
  • 若者は「砂漠」を目指す-中東に惹かれる西洋(2015.7)
  • ポスト・スクリプト-パリ同時多発テロ事件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移ろう中東、変わる日本
著作者等 酒井 啓子
書名ヨミ ウツロウ チュウトウ カワル ニホン : ニセンジュウニ ニセンジュウゴ
書名別名 2012-2015

Utsuro chuto kawaru nihon
出版元 みすず書房
刊行年月 2016.1
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07958-3
NCID BB20389996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22693775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想