橋川文三著作集  1

橋川文三 著

自己の戦争体験の核心にある日本ロマン派の意味を問い、著者の戦後への新たな出発を告知した代表作と、「文学と政治」に関する論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本浪曼派批判序説(日本浪曼派批判序説
  • 「社会化した私」をめぐって
  • 転形期の自我
  • 日本浪曼派と太宰治
  • 日本ロマン派と戦争 ほか)
  • 美の論理と政治の論理(美の論理と政治の論理
  • 右翼のテロリズムと独占のイメージ
  • 夭折者の禁欲
  • 三島由紀夫伝
  • 『葉隠』と『わだつみ』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 橋川文三著作集
著作者等 橋川 文三
書名ヨミ ハシカワ ブンゾウ チョサクシュウ
書名別名 Hashikawa bunzo chosakushu
巻冊次 1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.10
版表示 増補版.
ページ数 364p
大きさ 20cm
ISBN 4480752110
NCID BA49406557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20117455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想