宋代鬼談

毛利志生子 著

科挙に合格した梨生は、官吏としての赴任地へと向かう道中、とある出来事から、水鬼となってしまった青年・心怡と出会った。水鬼とは、水死した者が輪廻を外れ、転じるという鬼。はからずも梨生は、そんな心怡が再び輪廻に戻るための見届け役となった。同時に梨生の目には、死者の姿が見えるようになっていた。そして赴任地では、数カ月前から行方不明者が多発していて!?中華幻想奇譚!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宋代鬼談
著作者等 毛利 志生子
書名ヨミ ソウダイ キダン : リセイ ガ コネコ オ タスケヨウ ト シテ スイキ ト デアウ コト
書名別名 梨生が子猫を助けようとして水鬼と出会うこと

Sodai kidan
シリーズ名 コバルト文庫 も2-48
出版元 集英社
刊行年月 2016.1
ページ数 250p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-08-601885-2
全国書誌番号
22675101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想