映像という神秘と快楽 : <世界>と触れ合うためのレッスン

長谷正人 著

映像を「見る」という人間中心主義から離れて、映像に「触れる」ことからみえてくる狂気や神秘、快楽などの多彩な世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 写真という神秘と狂気(ベルグソン、あるいは写真としての現実
  • バルト、あるいは触覚的メディアとしての写真
  • バザン、あるいは痕跡としての写真
  • 「人影」、あるいは写真としての原爆 ほか)
  • 第2部 カメラという残酷と愛情(顔写真の政治学-「酒鬼薔薇聖斗」問題をめぐって
  • 意味記憶とエピソード記憶-『記憶が失われたとき』
  • ドキュメンタリー映画における単独性
  • 生命なき世界としての視覚的失認症 ほか)
  • 第3部 映画という反復の快楽(機械的反復の魅惑としての『どですかでん』
  • フロイト、あるいは映画カメラとしての人間的視線
  • 快感原則の彼岸としてのリュミエール映画
  • アルコール先生、あるいはチャップリンの機械恐怖症 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映像という神秘と快楽 : <世界>と触れ合うためのレッスン
著作者等 長谷 正人
書名ヨミ エイゾウ ト ユウ シンピ ト カイラク : セカイ ト フレアウ タメノ レッスン
出版元 以文社
刊行年月 2000.12
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 4753102149
NCID BA50110525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想