芥川龍之介の世界

中村真一郎 著

芥川龍之介の理知的で精緻なる多くの作品は、今日なお日本人を魅了し続けている。国民文学を代表する作家の一人である。著者は、終生、文学の指標として芥川龍之介の文学に向かい合った。本書は、芥川龍之介の生涯と文学の多彩な世界と、その小説のもつ可能性を多角的に追求する。芥川の内面に深く入って論じながら、一般読者に向けて読み易い文体で書かれている。傑出した芥川の研究書であり、優れた入門書でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(芥川龍之介の世界)
  • 2(芥川龍之介全集編集余話
  • 作家の可能性と成熟との関係について-芥川の『路上』とアナトール・フランスの『赤い百合』のことなど
  • ある文学的系譜-芥川龍之介・堀辰雄・立原道造)
  • 3(芥川龍之介文学紀行 早春の巡礼)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芥川龍之介の世界
著作者等 中村 真一郎
書名ヨミ アクタガワ リュウノスケ ノ セカイ
書名別名 Akutagawa ryunosuke no sekai
シリーズ名 文芸 272
岩波現代文庫 272
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.12
ページ数 354p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602272-3
NCID BB20220543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22690603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想