「人文学」という思考法

真野俊和 著

[目次]

  • 1 思考法の文体(社会学論文のエスノメソドロジー-学術論文をどう読みほどくか
  • 世界を「捉える」二つの回路-「ものごと」と「できごと」
  • 社会理解のための「合理」と「背理」-網野善彦『無縁・公界・楽』を最初の手がかりに
  • 「ハレ・ケ」とは何か
  • 摩天楼の生態学-レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』読解の試み)
  • 2 思考法の原点(書評『巡礼の文化人類学的研究 四国遍路の接待文化』
  • 「仏教と民俗」あるいは「真宗と民俗」という問い方
  • 「民間信仰」は実在したか
  • 民俗宗教論における"信仰"の発見-シャマニズム研究が果たしたもう一つの役割
  • 「私」とは何か-ある民俗学者による考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「人文学」という思考法
著作者等 真野 俊和
書名ヨミ ジンブンガク ト イウ シコウホウ : シコウ オ フカク ヨミコム タメ ニ
書名別名 〈思考〉を深く読み込むために

Jinbungaku to iu shikoho
シリーズ名 SQ選書 07
出版元 社会評論社
刊行年月 2015.11
ページ数 299p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7845-1543-1
NCID BB20237218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22680427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想