文系学部解体

室井尚 [著]

文部科学省から国立大学へ要請された「文系学部・学科の縮小や廃止」は、文系軽視と大きな批判を呼んだ。自ら考える力を養う場だった大学は、いつから職業訓練校化したのか。学科の廃止を告げられながらも、教育の場に希望を見出す大学教授による渾身の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国立大学改革プランの衝撃-文系学部はいらない?
  • 第2章 大学改革はいかに進められてきたのか
  • 第3章 戦前の大学と戦後の大学
  • 第4章 大学が崩壊する
  • 第5章 大学をどうやって守っていくか?
  • 終章 それでも大学は死なない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文系学部解体
著作者等 室井 尚
書名ヨミ ブンケイ ガクブ カイタイ
書名別名 Bunkei gakubu kaitai
シリーズ名 角川新書 K-58
出版元 Kadokawa
刊行年月 2015.12
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-082051-4
NCID BB2023723X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22688929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想