ロボットと共生する社会脳

苧阪 直行【編著】

人工知能は心の理論をもつロボットを可能にするか?ペットロボット、掃除ロボットや介護ロボットなど、社会ロボットとの共生が近未来社会に革命を起こしつつある。ロボットを通して人間とは何かを再考し、認知ロボット学と社会脳科学を結ぶ最前線を紹介!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 心の理論をもつ社会ロボット-ロボットの「他者性」をめぐって
  • 2 ロボット演劇が魅せるもの
  • 3 人工共感の発達に向けて
  • 4 ロボットに「人らしさ」を感じる人々
  • 5 遠隔操作アンドロイドを通じて感じる他者の存在
  • 6 アンドロイドへの身体感覚転移とニューロフィードバック
  • 7 感覚・運動情報の予測学習に基づく社会的認知機能の発達
  • 8 人間とロボットの間の注意と選好性
  • 9 ブレイン・マシン・インタフェース-QOLの回復を目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロボットと共生する社会脳
著作者等 苧阪 直行
書名ヨミ ロボット ト キョウセイ スル シャカイノウ : シンケイ シャカイ ロボットガク
書名別名 神経社会ロボット学
シリーズ名 社会脳シリーズ / 苧阪直行 編 9
出版元 新曜社
刊行年月 2015.12
ページ数 309,75p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1456-0
NCID BB20214507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22679120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想