テロリストの息子

ザック・エブラヒム, ジェフ・ジャイルズ 著 ; 佐久間裕美子 訳

ジハードを唱えるようになった父親が殺人を犯したとき、その息子はまだ7歳だった。1993年、投獄中の父はNY世界貿易センターの爆破に手を染める。家族を襲う、迫害と差別と分裂の危機。しかし、狂気と憎悪が連鎖するテロニズムの道を、彼は選ばなかった。共感と平和と非暴力の道を自ら選択した、テロリストの息子の実話。全米図書館協会アレックス賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1990年11月5日、ニュージャージー州クリフサイドパーク
  • 現在
  • 1981年、ペンシルベニア州ピッツバーグ
  • 1986年、ニュージャージー州ジャージーシティ
  • 1991年1月、ニューヨーク市ライカーズ島刑務所
  • 1991年12月21日、マンハッタン・ニューヨーク州高位裁判所
  • 1993年2月26日、ニュージャージー州ジャージーシティ
  • 1996年4月、テネシー州メンフィス
  • 1998年12月、エジプト・アレクサンドリア
  • 1999年7月、ペンシルベニア州フィラデルフィア
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テロリストの息子
著作者等 Ebrahim, Zak
Giles, Jeff
Giles, Jeff, journalist
佐久間 裕美子
ジャイルズ ジェフ
エブラヒム ザック
書名ヨミ テロリスト ノ ムスコ
書名別名 The Terrorist's Son
シリーズ名 TEDブックス
出版元 朝日出版社
刊行年月 2015.12
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-255-00895-0
NCID BB20268197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22677994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想