金融システムの経済学

宇沢弘文, 花崎正晴 編

本書は、金融システムを巡る問題に焦点を当てている。金融システムは、社会的共通資本を広義の制度的な側面からとらえた概念である「制度資本」を構成する重要な一要素であり、金融システムの安定的かつ効率的な運営および管理は、市場メカニズムが有効に機能するための必要不可欠な条件である。第5号において、信用秩序、学校教育、医療、都市におけるセキュリティなどを対象に広範な分析がなされた「制度資本」のうち金融システムに関する問題を理論と実証の両面から掘り下げ、問題の本質を探った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の金融システム危機と銀行管理のあり方(日本の金融危機から何を学ぶか-金融システムと企業経営統治
  • 金融システムの脆弱性と天下り
  • 銀行に監視能力は存在したか?-過剰債務問題の視点から
  • 自己資本比率規制と不良債権の銀行貸出への影響)
  • 第2部 欧米における経験(アメリカの預金保険制度と銀行破綻
  • 国際的な金融規制・監督政策の展開
  • 投機と通貨防衛-欧州通貨危機からの経験)
  • 第3部 東アジアの金融問題(アジア通貨危機とIMFの対応
  • 市場経済移行国における金融と資源配分の問題-ベトナムの事例を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融システムの経済学
著作者等 佐々木 百合
堀内 昭義
大滝 雅之
宇沢 弘文
小川 英治
打込 茂子
桜井 宏二郎
清水 克俊
渡邉 修士
花崎 正晴
高木 仁
書名ヨミ キンユウ システム ノ ケイザイガク : シャカイテキ キョウツウ シホン ノ シテン カラ
書名別名 社会的共通資本の視点から

Kin'yu shisutemu no keizaigaku
シリーズ名 Economic affairs / 日本政策投資銀行設備投資研究所 編 6
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2000.11
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 4130401742
NCID BA4914851X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20138349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想