神話・狂気・哄笑

マルクス・ガブリエル, スラヴォイ・ジジェク 著 ; 大河内泰樹, 斎藤幸平 監訳 ; 飯泉佑介, 池松辰男, 岡崎龍, 岡崎佑香 訳

アメリカにおけるヘーゲル・ルネッサンスの賑わいと、フランスのメイヤスーに代表される思弁的実在論の新展開。本書は今ドイツでもっとも注目を浴びる若き天才が、ジジェクとともにドイツ観念論の古典再解釈を通じて、そうした現代思想の新潮流を敢然と批判する。しかし、その展開は批判だけに留まらず、「存在論」を再び哲学の中心に据えることで世界を新たな理解へと導く。ドイツでブームとなっているガブリエルの書籍『なぜ世界は存在しないのか』のダイジェスト版論文の翻訳も特別収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒論 ポスト・カント的観念論への回帰を求めて
  • 第1章 反省という神話的存在-ヘーゲル、シェリング、必然性の偶然性について(現象-ヘーゲルの反省論
  • 神話という思考以前の存在-反省の限界についてのシェリングの考察
  • 必然性の偶然性)
  • 第2章 二つの自由をめぐる規律訓練-ドイツ観念論における狂気と習慣(ヘーゲルの習慣
  • 自己のオート‐ポイエーシス(自己‐制作)
  • 何も指示しない表現
  • 習慣、動物、人間)
  • 第3章 フィヒテの哄笑(フィヒテの自我からヘーゲルの主体へ
  • 絶対者と現象
  • フィフテ的な賭け
  • 障害(Anstoβ)と事‐行(Tat‐Handlung)
  • 分割と限定
  • 有限な絶対者
  • 定立された前提)
  • 付録 「なぜ世界は存在しないのか」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神話・狂気・哄笑
著作者等 Gabriel, Markus
Žižek, Slavoj
大河内 泰樹
岡崎 佑香
岡崎 龍
斎藤 幸平
池松 辰男
飯泉 佑介
〓i〓ek Slavoj
ジジェク スラヴォイ
ガブリエル マルクス
書名ヨミ シンワ ・ キョウキ ・ コウショウ : ドイツ カンネンロン ニ オケル シュタイセイ
書名別名 Mythology, madness, and laughter

ドイツ観念論における主体性

Shinwa ・ kyoki ・ kosho
シリーズ名 Νύξ叢書 1
出版元 堀之内
刊行年月 2015.11
ページ数 356p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-906708-54-3
NCID BB20109681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22669419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
なぜ世界は存在しないのか マルクス・ガブリエル
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想