見果てぬ日本

片山杜秀 著

巨匠たちの方法論を通して、この国の「過去・現在・未来」のかたちを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 この国に真の終末観を…小松左京・未来への総力戦(「万博病」に取り憑かれた頃
  • 『未来の世界』が描きだした至福
  • 戦後産業文明の司祭として ほか)
  • 第2部 島国の超克、漂泊者の夢…司馬遼太郎・過去へのロマン(騎馬民族の世界、農耕民族の世界
  • 教条主義者より自由な放浪者として
  • 日本が嫌いな歴史家の「遠いまなざし」 ほか)
  • 第3部 持たざる国の省力法…小津安二郎・現在との持久戦(「雲をつかむような、棒杭を抱いているような」人間
  • 銃後の黒澤と前線の小津のあいだの深い河
  • 典型的「ぬうぼう」、笠智衆を選んだ理由 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見果てぬ日本
著作者等 片山 杜秀
書名ヨミ ミハテヌ ニホン : シバ リョウタロウ オズ ヤスジロウ コマツ サキョウ ノ チョウセン
書名別名 司馬遼太郎・小津安二郎・小松左京の挑戦

Mihatenu nihon
出版元 新潮社
刊行年月 2015.11
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-339711-3
NCID BB20137530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22675819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想