徳川制度  下

加藤貴 校注

武家の学問の殿堂であった湯島聖堂、鷹・鷹匠、東叡山寛永寺のことをはじめ、アメリカ使節の江戸城登城、桜田門外の変、生麦事件、東禅寺事件など幕末・維新の激動の時代を彩る数々の事件についての項目を収録。なお、「幕末の陸海軍」「社会魔」など『徳川制度』の補遺的な内容を収録する「補遺」を続刊の予定。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸城と武家社会(承前)(小普請
  • 聖堂
  • 鷹の記 ほか)
  • 幕末の情勢(安政の大地震(編外)
  • 慶喜公と烈公の舌戦
  • 亜米利加使節の登城 ほか)
  • 東叡山寛永寺(編外)(建物
  • 本坊職制
  • 山内取締 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川制度
著作者等 加藤 貴
書名ヨミ トクガワ セイド
シリーズ名 岩波文庫 33-496-3
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.11
ページ数 679p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-334963-2
NCID BB15344569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22660688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想