脱学校化の可能性 : 学校をなくせばどうなるか?

イリッチ イヴァン【ほか著】<Illich Ivan>;松崎 巌【訳】

[目次]

  • 学校をなくせばどうなるか?
  • 教育の経済学のために-イヴァン・イリッチの『脱学校の社会』についての根本的一批判
  • すべてが学校化しつくされている
  • イリッチの見解の真剣な検討
  • イリッチ案実施以後はどうなるか?
  • アメリカ学校化の実情
  • 危険指数の必要
  • 今なお、それはニュースである
  • 私のイヴァン・イリッチ問題
  • 学校をなくした後は自由学習を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱学校化の可能性 : 学校をなくせばどうなるか?
著作者等 Illich, Ivan
松崎 巌
イリッチ イヴァン
書名ヨミ ダツガッコウカノカノウセイ : ガッコウヲナクセバドウナルカ
シリーズ名 現代社会科学叢書
出版元 東京創元社
刊行年月 2003.6.25
版表示 オンデマンド版
ページ数 218p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4488007511
NCID BA63621389
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想