魂も死ぬ

内海聡 著

いかにして魂は移りゆくか?量子力学、素粒子、臨死体験、生まれ変わり、アカシックレコード、ソマチッド、バイオフォトン、フラクタル理論etc.あらゆる情報を眺め、考察する。注目の医師が提起する、逆説の霊魂論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 霊魂をどう定義するか?
  • 精神とは何か?
  • 唯物論vs.観念論
  • 賢人たちの考えた霊魂
  • 霊体と肉体の二重構造論-スウェーデンボルグの理論
  • 科学者による臨死体験の研究
  • 「生まれ変わり」の真相
  • 「性格変化」「多重人格」は何を示すか
  • 分け御霊についての考察
  • 「偽の記憶」理論
  • 謎解きのヒント「アカシックレコード」
  • ソマチッドの正体
  • バイオフォトンとは何か?
  • 量子力学とは何か?
  • 多次元構造とリサ・ランドールの理論
  • 素数、素粒子、電子そして霊魂
  • 「形成の書」と生命の樹
  • この世界はフラクタル
  • 死とは何か?
  • 結局「霊魂」とはなんなのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魂も死ぬ
著作者等 内海 聡
書名ヨミ タマシイ モ シヌ : レイコン ニ ツイテ ノ イチコウサツ
書名別名 霊魂についての一考察
出版元 三五館
刊行年月 2015.12
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88320-653-7
NCID BB20035494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22669087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想