極北の迷宮 : 北極探検とヴィクトリア朝文化

谷田博幸 著

氷のスクリーンに映し出された英国の社会と文明意識。栄光と挫折の物語として探検史の文脈でしか語られることのなかった或る失踪事件を、社会的想像力の問題として捉え直し、ヴィクトリア朝文化の諸相を鮮やかに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 "北極ヒーロー"の時代-探検とジェントルマン
  • 第1章 そして、船は出ていく-科学とオプティミズム
  • 第2章 極北のラビリンス-ジャーナリズムと透視術
  • 第3章 幕間-パノラマニアの北極
  • 第4章 "ケトルの中身"-ディケンズとカニバリズム
  • 第5章 フランクリンの運命-英雄崇拝と文学
  • 第6章 "事を図るは人、成否を決するは神"-北極絵画と記念碑
  • 終章 フランクリン・シンドローム-ヴィクトリア朝の文明意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 極北の迷宮 : 北極探検とヴィクトリア朝文化
著作者等 谷田 博幸
書名ヨミ キョクホク ノ メイキュウ : ホッキョク タンケン ト ヴィクトリアチョウ ブンカ
書名別名 Kyokuhoku no meikyu
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2000.11
ページ数 311, 50p
大きさ 20cm
ISBN 4815803951
NCID BA4958026X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20136014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想