共に考える

フィリップ・キャム 著 ; 桝形公也 監訳 ; 井谷信, 高井弘弥, 中川雅道, 宮澤是 訳

J.デューイを源流とし、M.リップマンによって構想・開発された学校教育現場における哲学教育プログラムP4C(Philosophy for Children)の世界的指導者で、オーストラリアのPhilosophy in Schools Association of New South Walesの会長でもあるフィリップ・キャム氏の本邦初訳。P4Cの思想と意義、および実際の進め方を具体例に沿ってやさしく解説。小中学校の先生や教育行政に携わる人たちにもお薦めの一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 探求への招待(考えることを学ぶ
  • 教育的活動としての哲学的探求)
  • 第2部 教師の仕事(物語教材を選ぶ
  • 探求の共同体を作る
  • ディスカッションの計画を立て様々な補助手段を準備する)
  • 第3部 考えるためのツール(概念のツー
  • 推論のツール)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共に考える
著作者等 Cam, Philip
中川 雅道
井谷 信彦
宮澤 是
桝形 公也
高井 弘弥
キャム フィリップ
書名ヨミ トモ ニ カンガエル : ショウガッコウ ノ ジュギョウ ノ タメ ノ テツガクテキ タンキュウ
書名別名 THINKING TOGETHER

小学校の授業のための哲学的探求

Tomo ni kangaeru
シリーズ名 P4C叢書
出版元 萌書房
刊行年月 2015.11
ページ数 160p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86065-099-5
NCID BB19957763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22680044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想