聴能力!

伊東乾 著

「魅力的な話し方をしたい」「コミュニケーションが下手だ」「プレゼンや面接で人を惹きつける話がしたい」…その要は「聴能力」にあり。耳には、音を聴くのみならず、微妙な感覚を感じ分けるセンサー機能が組み込まれている。それらを活用して空間を読み、その場を効果的に生かす術、舞台で上がらないコツ、覚えておくと日常的に役立つ「聴能力」のテクニックを紹介。また聴覚そのものを進化の歴史から見直し、生命にとっての「聴くことの意味」から現代社会に不足しがちな「察する力」「思いやる心」まで、多様な重要性を訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「離見の見」で空気を読む-視覚と聴覚の二刀流
  • 第2章 コミュニケーションの聴能力-平板メディアとライブの奥行き
  • 第3章 トラと子猫の見分け方-耳で大きさを測る法
  • 第4章 聴かない「聴能力」-早口言葉と速読のテクニック
  • 第5章 耳にまぶたはついていない-日常に耳を澄ます
  • 第6章 耳は何のためにある?-進化から見た聴能力
  • 第7章 仮面の告白と「聴能力」-気配りから思いやりへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聴能力!
著作者等 伊東 乾
書名ヨミ チョウノウリョク : バ オ ヨム チカラ オ ミ ニ ツケル
書名別名 場を読む力を、身につける。

Chonoryoku
シリーズ名 ちくま新書 1154
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.11
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06853-8
NCID BB19941060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22697006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想