竹久夢二 : 精神の遍歴

関谷定夫 著

1930年代初頭ドイツに渡った夢二は、ユダヤ人の国外亡命を援ける反ナチ・レジスタンス運動にかかわっていた-この事実に衝撃をうけた著者が、厖大な資料の渉猟にもとづいて、夢二が一貫して保ちつづけた反権力主義的・反戦的キリスト教思想を、近代日本の精神風土とのかかわりのなかに丹念に位置づけた、異色の夢二論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 夢二の精神史の一断面(夢二の生い立ち
  • 夢二と神戸中学
  • 夢二の上京とたまきとの結婚
  • 夢二の最初の結婚 ほか)
  • 第2部 夢二紀行(銚子犬吠崎海鹿島
  • 甲府・鰍沢行き
  • 玉屋旅館
  • 雑司ケ谷霊園、早稲田、港屋跡 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 竹久夢二 : 精神の遍歴
著作者等 関谷 定夫
書名ヨミ タケヒサ ユメジ : セイシン ノ ヘンレキ
書名別名 Takehisa yumeji
出版元 東洋書林
刊行年月 2000.10
ページ数 370p
大きさ 20cm
ISBN 4887214286
NCID BA48570737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20132280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想