ブラック・デモクラシー

藤井聡 編 ; 適菜収, 中野剛志, 薬師院仁志, 湯浅誠 著

デモクラシーは、いとも容易く独裁政治(ブラック・デモクラシー)へと転落する可能性をはらんでいる。平成27年5月に行われた橋下維新による「大阪都構想」住民投票を事例に、民主主義ブラック化の恐るべきプロセスを徹底検証。日本が直面する民主主義の危機に警鐘を鳴らし、民主主義の根幹について学び直す「民主政治の取扱説明書」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブラック・デモクラシーの構造(国家を破滅させるデモクラシーへの「過剰信頼」
  • いじめを産み出すデモクラシー ほか)
  • 潜入ルポこれぞ戦後最大の詐欺である(大阪でなにが発生していたのか?
  • いざ大阪 ほか)
  • どうすれば民主政治から自由を守れるのか(民主政治が生む独裁
  • 自由民主政治とは何か ほか)
  • 民主主義を建て直すということ(一見真逆の立場から
  • 消費者感覚の民主主義から脱するために ほか)
  • ブラック・デモクラシーと一筋の光明(大阪二〇一〇年代
  • 民主主義とは何か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブラック・デモクラシー
著作者等 中野 剛志
湯浅 誠
薬師院 仁志
藤井 聡
適菜 収
書名ヨミ ブラック デモクラシー : ミンシュ シュギ ノ ワナ
書名別名 民主主義の罠
シリーズ名 犀の教室Liberal Arts Lab
出版元 晶文社
刊行年月 2015.11
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7949-6821-0
NCID BB19979052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22665563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想