アジアの聖と賤

野間宏, 沖浦和光 著

差別・被差別問題を生涯のテーマとしてきた両先達が、アジアの調査を共にしながら、カースト制の外のインド、中国、朝鮮にまで差別の根源を遡り、さらに日本の被差別部落問題まで考察する。貴/賎、浄/穢、尊/卑の交錯から、差別の本質と歴史的変遷、被差別民の文化に及ぶ、画期的基本文献の初文庫。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • インド(古代から超近代までが併存しているインド
  • 中世日本人のインド幻想 ほか)
  • 中国(良賎制を生みだした中国の律令制社会
  • アジア史上の大法典である『律令』 ほか)
  • 朝鮮(東アジアの諸国と律令制
  • 朝鮮の歴史における賎民制の問題 ほか)
  • 日本(日本律令における"八虐"
  • 古代日本における"浄・穢"観念 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの聖と賤
著作者等 沖浦 和光
野間 宏
書名ヨミ アジア ノ セイ ト セン : ヒサベツミン ノ レキシ ト ブンカ
書名別名 被差別民の歴史と文化
シリーズ名 河出文庫 の5-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2015.11
ページ数 326p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41415-7
NCID BB20021401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22650910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想